ワロロット界隈は本当に楽しい

チェンマイ最大のローカルなワロロット市場はいつも、たくさんの人で賑わっています。

旧市街の東側ピン川沿いのDalat Warorot  ワロロット市場は100年以上の歴史があるチェンマイ最大の市場です。500以上のお店が並んで、ほぼ、毎日お店が開いていて、とても活気にあふれています。

現地の人々の日々の暮らしぶりを垣間見るにはとてもいいところです。観光客も多いのですが、どちらかというと、地元の方も多く、ローカル色が濃いところ。

食品、野菜、お菓子、お茶やドライフルーツなどのお土産やさん、スパイス、手工芸品、ジュース、チキンBBQ、お惣菜、台所用品、仏具、籠やさん、装飾品などのお店が並んでいます。2階、3階は衣料品や靴、鞄、化粧品類、そして、ミシンを置いてあるコーナーには何人もの縫い子さんもいて、オーダーメイドの洋服、直しなどができます。なんでもありの本当に楽しい市場です。

ワロロット市場でも、チェンマイソーセージの売り場は人気店でいつ行っても、多くの人だかりです。色々なタイハーブが入っていて、ポークの臭みなどなく、行列ができるほどの美味しさだと納得です。

地下では、色々な常設の屋台があり、麺類、ソムタム、カオソーイなど、タイ飯のランチのメニューも多いし、ローカルの人もたくさんくるので、お値段もとてもリーズナブルです。ここでランチしてから、歩きましょう。

カラフルなモン族市場は女性必見の場所です。

近くには、モン族市場があります。ここも私のお気に入りの場所で、市内でうろうろしてお土産品や手工芸品などを買うのなら、一番ここが品揃えもあり、また、いくつか買えば値引き交渉できます。

モン族の方は本当に手が器用で、独特の文様の刺繍をちくちくと、いついっても、誰もが座り込んで、刺繍されています。 これは、もしかして機械刺繍と思わせる細かな刺繍を気長に1日中されている様子を見ると、なぜか、気持ちがほっこりしています。いつも変わらぬ光景がここでは見ることができます。

生地屋さんもとても多くで選ぶのに迷います。手芸材料、アクセサローパーツなども全てこのあたりで揃います。手芸やクラフト好きの女性なら必見の場所です。

トムラムヤイ市場もなんでもあり超ローカルです。

ワロロット市場の反対側にあるのがトムラムヤイ市場。ワロロットよりは規模は小さいし、かなりローカルな感じですが、台所用品や可愛いホーローなどを売っているお店や籠やさんなど掘り出しものが探せそうなお店が数件あります。可愛すぎて、ついつい買ってしまいそうなものにあふれています。

この一角に、フルーツの屋台などがずらっと並んでいます。私はこのあたりでフルーツをよく買いますが、値段もスーパーなどで売られているよりも安いしとても新鮮です。最近は中国人のツーリストがここ来て、ドリアンをぱくついています。

トムラムヤイ市場のビン川沿いに、花市場がありたくさんのお店が並んでいます。仏様に供える、ジャスミンで編んだ仏花から、バラやデンファレ、スターチススターチス、カーネーションなどの切り花までなんでもあります。日本では買えない花の束が信じられないほど、安いのですよ。

 

<スポンサーリンク>



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

投稿者: longstay0824

サワディーカー  常夏の国チェンマイから、みたまま感じたままのことを 備忘録として書いています。 タイに旅行される方、ロングスティや海外移住を 検討している方々の 情報集めなどのお役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください