ヤオ族の刺し子に一目惚れ!

チェンマイ在住の私が特に女性の方にオススメする絶対に行って欲しいお店

ロイクロ通りをビン川沿いに行くと左手に slow pace と書かれた目印というか小さな看板が出ています。ChaChaa、チャーチャーというのは、ゆっくりという意味で、時間をかけて作られたものを、ゆっくりと見て欲しいという意味合いだそうです。チェンマイで、私の最も好きなお店です。
<スポンサーリンク>



この春、日本のクレア(CREA)という雑誌の増刊号に掲載されて、その雑誌を見た日本人の観光客がよくやってきているようです。私は、このお店の刺し子が気に入り、しげく足を運び、このお店の素敵なオーナーのチョムさんとも仲良くさせていただいています。まだ、お若いけど、なかなか、ビジネスセンスもお持ちの、素敵なチェンマイ美人です。ご自分のデザイン感覚で、次々と素敵な手作りの洋服屋バックを作り出していて、これからが楽しみです。

ここにはカレン族や刺繍の上手なヤオ族の方が作った刺し子のバックやパンツ、小物、貫頭衣、カレンシルバーのアクセサリー、アンティークの古布、タイのバスケット、民族衣裳など、数々の、手仕事によるとてもセンスがいい雑貨などがおいてあります。チクチクと刺した山岳民族の方の手仕事の温もりが伝わってきて、しばし、気持ちが緩んできます。

チェンマイの刺し子は自由感があってとても好き

オーナーのご家族のお店、PA KER YAW パーカーヨーはサンカンペーンに移り、なかなか行きにくいのですが、古布やビンテージの雑貨、カゴものなどをお探しの方は絶対に行くべきお店です。お買い物しなくても、山岳民族の手仕事がどんなものかをうかがい知るとてもいい空間です。

<スポンサーリンク>



<スポンサーリンク>




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ