タイでお金をあげると罰金を取られるかもしれない

タイの物乞い行為が禁止という看板が出ていたんだけど?!

ブラブラと散歩していたら、何気なく、目を留めて立ち止まってしまったのがこの看板。手とお金にバツ印がつけられていて、漢字で禁止、英語でSTOP、タイ語でもおそらくそう書かれているだろう変わった看板というか、標識が置かれていました。

要するに、お金を上げることが禁止という意味はわかったのだけど、看板にして知らせないといけないほどのことなのだろうか。時々、身障者の物乞いの人が、市場に座っているし、結構、タイ人の人が、立ち止まってお金をあげているのをみるけど、それらの行為がダメということらしいのです。

この国では、タンブンと言って、仏教の教えが人々の暮らしに根付いていて、施しをすることも徳を積む行為なので、別段、不思議なことではなく、みんな自然にやっていることなのです。で、少し調べてみました。

<スポンサーバイ>



物乞い禁止法の法案を了承され、原則禁止に。

タイ軍事政権は人身取引対策と観光面でのイメージアップのため、物乞い禁止法の法案を昨年に承認。この物乞い禁止法は、物乞いをした人や物乞いにお金をあげたりする人が罰せられる法律のようで、もし、ものごいをする場合には、役所へも届けがいるとか?!大変、おかしな話ですよね。

タイの物乞いは、実際には5千人以上いると言われるのですが、その大半はカンボジアやラオスなどの外国人も多く、多くは組織に雇われているとか。

特に、バンコクの路上では多くの子供を含む物乞いが多いのだが、多くは隣国カンボジアなどからの不法入国者で、その行為をさせているのがマフィアでピンハネをして、資金にしているというのだから、まあそんな背景があるのであれば納得できます。

許可なく物乞いをした場合には逮捕されて。外国人の物乞いの場合は本国に強制送還。物乞いを営利目的でさせた場合には、3年の禁固刑と3万バーつの罰金だそうですが、でも、きっと抜け道はあるのだろうなあと思いました。

後日談:この看板は1週間くらいで亡くなっていましたが、また、旧市街など人が集まる場所などどこかに移したのでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

投稿者: longstay0824

サワディーカー  常夏の国チェンマイから、みたまま感じたままのことを 備忘録として書いています。 タイに旅行される方、ロングスティや海外移住を 検討している方々の 情報集めなどのお役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください