タイの水事情・チェンマイでの暮らしでは。

タイでは水道水は生活水として使用が普通

もうすぐソンクラン水掛け祭りが始まろうとしているタイでは今が一番暑い季節です。ともかく、一日中、水分を取らないと脱水症状が起きてしまうので、水の補給は欠かせません。

アジアのみならず、海外に行ったその国で、まず、水道水を飲む人はいないと思うのですが、私は、日本でも、ブリータなどの浄水器を使って、お料理にお米にお茶に使用し、それほど気にとめていなかったのだけど、タイのチェンマイに来て、お水については心配だったので、すぐ調べました。

まずは、日本でもそうですが、マンションなどでは屋上に貯水槽があって、各部屋に水が引かれます。それと同じように、私が住んでいるチェンマイのコンドでも同様なことが行われていると想像すると、申し訳ないのですが、信用できません。

<スポンサーリンク>



貯水槽も長い間、メンテナスしてないだろうし、水道管はかなり古くて、、中はどうなっているんだろうかと想像すると少しどころか、かなり怖くなってしまいます。もし、細菌などが混ざっていて。問題が起きてから対処するというのがタイなのですから、決して口に入れることは避けています。タイの方でも、水道水は生活水と考えているそうですから、ともかく、お水はどこででも安くて買うことができます。

タイでは水はとても安くて、サイズも色々。

コンビニやスーパーに行くと、いろんなブランドのお水が並んでいます。サイズは300mlで、値段は6バーツ(20円)からで、1.5リットルで13バーツくらい、家庭用サイズ6リットルもあり、手軽に買えます。日本のような自動販売機がどこでもに置いてあるということはありません。でも、外出先で喉がかわいたら、コンビニがあちこちにあったり、ドリンクのスタンドがいたるところにあるので、困ることはありません。

宅配のお水で大助かり。

車があれば、大量の飲料水を運べるのだけど、なかなか大変なことです。そこで私の住むコンドには週1回、お水を宅配してくれる業者が来ているので、こちらを購入しています。1リットルのボトル20本のケースがなんと、43バーツ、安すぎて最初は驚きましたが、このお水も水道水を浄水にしたもので、どこまで安全かは信用してないのですが、一度、火を通して沸騰すればましかと思っています。このお水は決して、そのままで飲料水にはしていません。

うがいも歯磨き、お茶、お米を研いで炊く、パスタや麺を茹でる、野菜を茹でる、スープや出汁などに使用しています。、生で食べるサラダ用の野菜類、レタス、トマト、きゅうりなども泥落としは水道水だけど、仕上げに宅配のお水で流します。それと、チェンマイのレストランやカフェ、食堂などで出る氷は、この水業者のお水を使っているようですので、大丈夫だと思います。私は、一度もお腹をこわしたことがありません。

<スポンサーリンク>



タイの水は硬水だから、髪や肌に良くないかも!?

こちらに来て、まず、肌トラブルが起きました。頭皮、首の後ろとかがとてもかゆいのです。皮膚科で薬をもらいましたが、原因は化学物質と言われましたが、チェンマイでは乾燥ぎみな上に、お水が硬水なので、多分、それらが原因だと自分勝手に解釈しています。

硬水とは硬度が高い水。つまり水に含まれるカルシュムとマグネシウの含有量が水1000ml中120mg以上だと硬水。それ以下だと軟水だそうです。味付けの濃いお料理や西洋料理には硬水が良くて、日本料理には軟水がいいとかですが、、ちなみにアメリカは硬度が200mg/1リットル、ヨーロッパは硬度が400mg/1リットルだそうです。

タイではタイのお水にあったシャンプーが売られているので、今はそれらを使っています。日本製は軟水ようなので、シャンプーしても髪がパサパサになりがちでお勧めできません。それと、石鹸カスが出るのに驚きました。以前、主人がシャワーを使うと、毎回、垢らしきカスがいっぱい出てくるので、どうして、こんな古い皮脂がいっぱい出てくるのかと首をかしげていたのです。

どうやら、この石鹸カスは、金属石鹸による石鹸カスが、水に含まれるカルシュムやマグネシュウムが体の皮脂と結びついてできるようなのです。最近は石鹸を変えたことで、なくなりました。

あと、泡立ちが悪いのです。軟水は、シヤンプーの洗浄力が強いので、頭皮に石鹸カスが残りにくいのですが、タイでは、あまりシャンプー液をつけないようにして洗髪したり、コブミカンエキス洗いしたりしています。抜け毛が多くもなったような気がしますが、乾燥と硬水の影響だけでなく、加齢かもです(笑)

それと、とても便利そうなので、アマゾンで浄水携帯ボトルを購入する予定です

 

 

<スポンサーリンク>



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ