ペット天国!ムバーンに初めて行ってみた。

ペットを飼っている人には絶対ムバーンがおすすめ

先日、サンサーイ地区にあるムバーンに住む友人を訪ねてきました。2年ほどチェンマイにいてムーバーンを訪れるのは始めてでしたが、とても敷地が広くて市内の喧騒からも逃れられるとてもいい環境でした。

<スポンサーリンク>

友人には、愛犬がいるので、あちこちの一軒家やムバーンをみて回って、最終的にここに決めたそうですが、犬にとっては天国のようなところと、大変ムバーン暮らしが気に入っているようでした。ご近所のタイ人の御家庭でもペットを飼っている方も多いようでしたし、どこの犬もとてもきちんとしつけられていると話していました。 それと、ゴルフなどで郊外に度々、出かけている方には、とても、ムバーン暮らしは便利ではないかと思いました。なにせ、街中のあの交通渋滞に巻き込まれることも少ないだろうし、幹線道路にも出やすそうですし。

 

ムバーンのセキュリティは安全すぎるほど

ムバーンとは、一軒家の集合体がいくつかあるところを指すようようだけど、ビレッジがいくつかあって、ちょっとした街のようで、本当に驚きました。 セキュリティーとして、1つ目の入口のゲートでまず、どこに行くか尋ねられます。訪問先の番地と名前など行先をいうと、ドライバーまたは訪問者が、証明書みたいなものを受けとります。その後、再びゲートがあって、そこでも、証明を見せます。3つ目のゲートでは、友人が迎えに来てくれましたので、彼女も同乗して家に。訪問する人は必ず、訪問先の確認のハンコももらわないといけないとかで、かなり、厳重なセキュリテイでした。

色々なスタイルのビレッジがあって自分の好みで暮らせる

友人が言うには、彼女の住むエリアはごく中流のタイ人が暮らすところで、家と家がかなり隣接しているが、あと、いろいろなビレッジがあって、最初に立てられたエリアは洋館が多く広々とした庭などあり、暖炉つきの大きな家がいっぱいあるようで、確かにツアーをしてたら素敵な洋館のお家ばかりでした。友人はいつかこちらのエリアに引っ越ししたいとか。

また、新しくできた近代的な建築の家のエリアもあるとかで、案内してもらいました。プールつきの豪邸もあり、豊かな暮らしぶりが垣間見れました。それから、タイ風建築のリゾートホテルのようなお家が、saleという看板が出ていたので、入らせてもらいましたが、それはそれは、建築もインテリアも大変、素敵でした。どのような方が、このような家を買われるのでしょうか?

レンタルもかなりリーズナブルなお家賃

賃貸料はピンからキリなようです。最低では1万バーツからあるらしく、ちなみに友人の家は、150平米で3つの部屋とリビング、キッチン2つのシャワールーム、庭付きでで15000バーツとか。市内のコンドに比べればかなりリーズナブルですよね。

専用のプール・ジムも完備されていました。

プール、ジム、2面のテニスコート、プールバーなどの娯楽室もありました。入居者はかなり安く利用できるとかで、便利そう。

道路などの清掃も行き届いているようでした。 困りそうなことは!?

車も少なく、静かで自然に囲まれていて、中々快適な郊外暮らしのようで、私も住みたいと思いましたが、ただ、問題なのはやはり交通機関、足です。 まずは車がないと、買い物にも出かけられません。もちろん、友人は車を購入しましたし、週に2回ほどは近くのスーパーや市場に買い物に出ているそうです。

ソンテウが出ているということで、今回、トライしてみたのですが、緑のソンテウが2路線あることを知らず、どうも行先がちがうと思ったので、途中で降りて、結局はGrabを呼び出して行くことになりました。帰路も、ミーチョクプラザまでは友人とソンテウですぐいけましたが、買い物を済ませ、そこからの帰り道、日曜ということもあり、本数が少ないのか30分待ってもこないので、結局、Grabを呼び出して帰りました。

車さえあれば、本当に快適に暮らせそうなムバーンです。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

投稿者: longstay0824

サワディーカー  you only live once 人生は一度きり! 常夏の国、チェンマイでみたまま、感じたままのことがらを 備忘録としてこのブログをはじめました。 これから、タイに旅行されたい方、ロングスティや海外移住を 考えておられる方の情報集めのお役に立てば、とても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です