ダイエットや美肌に効果?噂の薬草風呂を体験

なぜか日本語で女、男と書かれた暖簾がかかっていて、ここは銭湯かとびっくり!

チェンマイでは、けっこう有名なハーブサウナに行って来ました。マッサージスクールと併設のハーブサウナで「オールドメディスンホスピタル」というところに併設されています。

行き方は、空港の近くのエアーポートプラザの近くですが、やはり、ドライバーに地図を見せるのが一番いいでしょう。そのエリアにはリンピン・スーパーマーケット ニム・シティ店があって、リンピンの建物の左側方向にいき、また左に行ったところすぐにあります。左方に行、ハーブサウナの建物があります。

靴を脱いで中に入り、受付に行きます。なんと、漢字で、女、男と書いてありました。何か、銭湯ぽくて、日本人が多かったのかなあと思ってしまいます(笑)

一人、100BT(約330円)を支払い、鍵をもらいます。タオルとか布はあるかと聞かれるので、ない方は30BTで借りてください。私は水着と小さなタオルを持って行きました。別に汗をかいてもいいTシャツとかムームーみたいな服装ならなんでもいいと思います。そして、ハーブサウナに、恐る恐る入ってみましたが、6畳くらいで思ったより、狭かったです。

<スポンサーリンク>



だから8人も入ったらいっぱいになるような感じでした。今、満員なので20分ほどお待ちくださいのボードも置いてありましたので、混むときもあるのでしょうが、私が行った土曜の夕方は、5人ほどしかいませんでした。

タイ独特のハーブの強い香りが漂っていました。タイハーブサウナには、レモングラス、タイジンジャー、ホーリーバジル、唐辛子などの筋肉、血液循環、神経にきくこれらのハーブを主に使うようです。パンダナス、ライムの葉、コブミカンの皮、うこんなど気分リフレッシュのハーブや、タマリンドの葉、コブミカンの果汁など、肌を綺麗にするハーブも使っているそうです。

チェンマイでは、ハーブボールと言って、10種類のハーブを入れてある丸いボール部分で、肩こりなどにトントンとして使ったりするマッサージ器具があるのですが、このようにハーブを使ったものが色々とあります。チェンマイではハーブは健康と美容の源みたいなもののようです。

それで、ある人が、何かクリームのようなものを塗って、サウナ室に入るのを見かけましたので、なんだろうかと思っていたら、入り口のガラスケースの中にそのスクラブかマッサージクリームが売られていました。次回は、そのクリームをつけて、入ってみたいです。もっと、お肌ツルツルになるのでしょうか。

まあ、汗が出るわ出るわで、出てから、ハーブ入りのお水を飲んで、休憩。その繰り返しを、5、6回ほどしましたが、美肌、デトックス効果はバッチリだとうなづきました。特に、疲労回復、抗炎症効果、関節の痛みの改善、そしてリラックス効果があるようで、その夜はぐっすりと眠れました。

<スポンサーリンク>



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

投稿者: longstay0824

サワディーカー  you only live once 人生は一度きり! 常夏の国、チェンマイでみたまま、感じたままのことがらを 備忘録としてこのブログをはじめました。 これから、タイに旅行されたい方、ロングスティや海外移住を 考えておられる方の情報集めのお役に立てば、とても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です