ディープな北タイはとても静かで緑がサイコー

精悍でハンサムな国境警備隊が立つ検問所を過ぎると、、

ミャンマーの山々が見える国境に近い北タイが、こんなに緑に覆われて美しいところとはと知りませんでした。チェンマイから70kmほどのチェンダオという場所は、温泉や洞窟もあり、結構、観光客にも知られているのですが、そこからまた、ミャンマーの国境に向かって車で走りました。目的地に着くまでに2回、検問所があり、とても精悍なハンサムな国境警備隊の男性が、車や人をチェックをしていました。

パスポート持参でしたが止められることもなかったのですが、なんと、2つ目の検問所を境に、それから奥の住民はチェンダオ方面には、勝手に出れないと聞きました。住人はタイ人でなく、山岳民族だからでしょう。とてもディープな北タイに来てしまったと思いました。

<スポンサーリンク>



走っていると、少しづつ、ハイブリットコーンのプランテーションが見えて来て、strong cornと書かれているイラスト入りの看板が立てられていました。ここあたりの住民の主な収入源らしく、3月からチェンマイにもやってくる野焼きによる煙害は、このへんで焼かれており、でも野焼きしないとと畑ができなくて、収入が入らないのだということを間近で見て、納得しました。

北タイの奥地のチャイナタウンで絶品餃子を食べるなんて!

今日、訪れる予定先は、北タイの少数民族のカチン族の村。カチン村を過ぎたところに中国人村があり、そこでの雲南国境餃子がとても美味しいからということで、私達一行はランチを取ることにしました。で、私の素朴な質問、なぜ、こんなところに、チャイナタウンがあるのかということで、知人に尋ねてみると、、、

蒋介石率いる国民党とは、中国革命が勝利し、中華人民共和国が1949年に成立したので、台湾に逃げた中華民国の政党ですが、台湾に逃げようとして逃げきれなかった中国国民党の残党が国境を越えてタイに逃げ込んで、そのまま、このへんに住み着いているということでした。教育を受けた人たちの祖先の名残か、学校もとても大きかったし、チャイナパワーはどこにでも及んでいると実感しました。

     大勇雲南麺館 Tayoung Yunnan Noodle Restaurant

手作りの皮がもちもちの絶品餃子でした。場所はチェンマイ県チェンダオ郡最北端、ミャンマーとの国境まで1キロ足らずのところで、村の名前はアルーノタイ村。山岳地帯にあっても、ツーリングできている人が立ち寄ったり、わざわざ、ここに餃子を食べにくる日本の方もいるとか、、英語のできる娘さんらしき人がいて、オーダーもチェックも大丈夫でした。ちなみに、私たちは8個50バーツとスープ麺を食べて大満足でした。すみません。餃子の写真は忘れて取りませんでした。

             Pha Dang Mountain View Resort

オススメのとても眺めの良い穴場的なロッジ

ここは、カチンの村にある宿泊施設です。大きな敷地の中に、ロッジがいっぱいありました。チェンマイからだと、2時間半~3時間はかかりますので、さすが遠いという感じがしますが、来てみるだけの価値が’あるところです。私たちがいった時は、あいにく雨が降る日で、残念ながら山々は霧がかり、晴れても、雲の日がかかり、綺麗にみることはできませんでした。MYANMAR VIEWING POINT と書かれた標識がたっていて、ここから見える山々が、もうミャンマーということですし、国境は1キロくらい先のようです。

まだ、多くの方には全く知られていない未到の場所かと思いますし、タイ語のFace bookしかありませんが、興味のある方は調べてくださいね。    Pha Dang Mountain View Resort

とても、ローカル色を味わえるし、緑あふれる静かな美しいところです。近くにはロイヤルプロジェクトのファーム、ミャンマースタイルのお寺や、雲南省餃子が食べられる中国人街もあり、十分、ディープな北タイを味わうことができるところです。

アバカドがあちこちの庭先に見事に自生していました。ちょうど、トラックで売りに来ていたところに出くわし、1kgで30バーツという安さ、、何と大きいアバカドが4個くらいありました。それはそれは、今までになく熟成したもっちりとしたアバカドでした。

<スポンサーリンク>



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

投稿者: longstay0824

サワディーカー  常夏の国チェンマイから、みたまま感じたままのことを 備忘録として書いています。 タイに旅行される方、ロングスティや海外移住を 検討している方々の 情報集めなどのお役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください