「なんでも見てやろう」今からだって遅くない!

じっとしたままの日本人、出国率13%、小田実のススメ

という記事が昨年末、12/23日の朝日新聞に載っていたので、まずご紹介します。

インバウンド」は関心の高い話題になっているけれど、「アウトバウンド」はほとんど忘れられている。

訪日客インバウンド」の増え方は尋常ではない。10年前に年間800万人あまりだったのが今年は3千万人を突破した。政府は2020年には4千万人受け入れを目指している。宿泊施設不足や「おもてなし」のやり方から大小のトラブル対応まで課題も急増中だ。

では、海外に旅立つ日本人「アウトバウンド」はどうなっているのか?

観光庁などのデータを見ると、20年ほど前から1700万人あたりで増えたり減ったり。だが、数字にあまり変化がないからといってニュースじゃないとは言い切れない。

人口に対して国外に旅行に出る人の割合を表す出国率という指標で、日本は13・5%(16年)。

ほかの国や地域はどうか。シンガポールマレーシア、英国などは100%を超えている。繰り返し国外に出る人が多いことを示す。日本と同様、島である台湾が61・9%、北朝鮮と国境を接しているため島国状態の韓国も44・0%だ。カナダやロシアも日本より高い。

国連世界観光機関によると、世界中で国境を越えて旅する人はどんどん増えていて、00年の6億8千万人から17年には13億2600万人に。

地球上を人々が活発に動き回る時代にじっとしたままの日本人。統計の数字からはそんな姿が浮かび上がる。

「若者が内向きだ」とよく耳にする。留学への関心がない、海外赴任を嫌う……。ほんとうにそうだろうか。

観光庁のまとめでは、たしかに20代の若者の出国者数は1996年から20年間で4割も落ちている。けれども出国率は24・6%から23・4%と、あまり変わっていない。若者人口自体が減った結果という面が大きい。

今の若者も、内向きを嘆く世代の若いころと同程度には外への関心を持っているように見える。ただ、問題点もある。

「二極化が進んでいるのではないでしょうか」と玉川大学観光学部の中村哲教授。「海外旅行する若者の3分の1くらいは年に2度3度とでかける一方で、行かない人はまったく行かない」

今後もさらに数が減る若者の中に無関心層ができてしまうこと。それは政府も懸念している。観光庁が旅行業界関係者や有識者とつくった「若者のアウトバウンド活性化に関する検討会」は、若者が外国人とのコミュニケーションを学ぶきっかけや研修の場として「海外体験」の重要性を指摘している。

ただ、政府の旅行関連の施策の大半は「インバウンド」向け。日本旅行業協会の矢嶋敏朗広報室長は「外国を見ておかないと、自分のいるところの良さも外国人の思考回路もわからない。学生だけでももっとパスポートを取りやすくしてもらえれば」と具体策に期待を寄せる。

60年近く前、多くの若者が1冊の本によって海外に旅立ちたいという思いをかき立てられた。若き日の小田実が著した「何でも見てやろう」である。

米国の大学に留学し、欧米、中東、アジアと貧乏旅行を2年にわたり続けた。インテリ、ゲイバー、貧民街、移民……。あらゆる場所をめぐり、人と対話する。そして、日本を振り返る。自国を相対化する考察でもあった。

旅を終えてこう書く。

「(日本にいれば)日本を『日本』という一つの大きな単位で考えることはとうていできない。現代の日本が一つの大きな混乱とすれば、その混乱を外から眺め得たこと――やはり、それは、私にとって貴重な経験であった」

中村教授によると、玉川大観光学部の学生は全員がオーストラリアに1年間留学する。不安そうに出発した学生たちの多くは「外国語や他文化の人に接することに抵抗がなくなって帰ってくる」。それは自分の国や社会を相対化する視点を身につけたからでもあるだろう。

インバウンド」にかまけて「アウトバウンド」を忘れるわけにはいかない。(編集委員・大野博人)

日本の若者たちよ。ぜひ一度タイに来て欲しい。

私もその昔、この「なんでも見てやろう」という本を読み大変、触発されました。70年代半ば~80年代バブル期までの日本は、いまほど、円は強くなく、確か1ドル¥300-¥250くらいを推移してたと思います。

まだLCCの様な格安航空会社もなく、ましてやAirbnb 、 TripAdvisor のような情報メディアもなく、世界各地を旅するには大変な時代だったことを思い出します。それでも外の世界に強い好奇心があったので、私は世界各地に住む友人や知人を頼りに、1970年代半ば頃にアメリカ大陸、東南アジア、などに貧乏旅行をしていました。

もし、私が現代の若者だとしたら、きっと我が家の娘のように、学生時代の休み、仕事の休暇、転職までの期間をフル利用して、出来る限り、世界への旅に出ていたことだろうと想像できます。

上記、記事にあるように、今、日本の若者たちの二極化が進んでいること、無関心な若者たちが益々増加していくことが事実なら、それはとても悲しい現実で、これからの日本の行く末をついつい憂いてしまいます。

経済格差が広がり、富めるごく少数の若者だけが学生時代に留学や旅が出来ますが、たいがいの若者たちが外国にいく機会に恵まれることもなく、アルバイトに精出し生活費の捻出に日々、明け暮れているとすれば、それはとても不公平な社会と言えます。ぜひとも、日本の若者が海外に出かけられる環境作りに、国はもっと力を入れていただきたいものです。

<スポンサーリンク>



そして、このタイには色々な国から世代や国籍を問わず外国から多くの人がやってきていますが、特にチェンマイはマルチカルチャーでこじんまりした暮らしやすい街として評判があるようです。

リーズナブルに1泊千円ほどで泊まれるゲストハウスやホステルなどがあちこちにあるし、PCで仕事ができるワーキングプレイスも多いこともあり、それほどお金がなくても滞在しやすい環境が整っているようですので、日本の若者たちもぜひ一度、訪れて欲しいと切に思います。




「関連記事(広告含む」

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

投稿者: longstay0824

サワディーカー  常夏の国チェンマイから、みたまま感じたままのことを 備忘録として書いています。 タイに旅行される方、ロングスティや海外移住を 検討している方々の 情報集めなどのお役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください