ご利益がありそうな光輝くドイステープ寺院!

ドイステープ寺院に行って来ました!

日本から来た友人と一緒にドイステープ寺院に行って来ました。                    ずっと昔、若い頃に一度、参拝しましたので、2回目の参拝です。仏塔が本当にまばゆく光り輝いていて、神々しい感じがしました。 

1383年のランナー王朝6代目クーナー王によって建てられ、仏塔の中にはインドのから譲り受けた仏舎利、すなわち遺骨も安置されたいるとかですので、すごいですね。その遺骨は、なんと縁起のいい白い象に乗せてドイステープ山まで登らせたそうです。そして、この寺院跡で、吠えて死に絶えたとか、そして、その跡地に、仏舎利を安置したとかの言い伝えも残っています。それにしても、由緒あるお寺というのは、日本でも、高野山や比叡山など、高い山の上に建立されているようですが、道路などない時代、本当に信心の厚い人だけが、苦労してでも参拝する場所だけあって、神聖だったのでしょうね。

ちなみに、標高1,080mの頂上に位置していて、我が家のコンドからも、たまにチェンマイの街からも、金色に輝く仏塔を遠く、みることができます。今回は、階段は使わずに、往復、ケーブルカーを使い頂上に登りましたが、次回訪れる際にはぜひ306段ある階段を登っていきたいと思います。

<スポンサーリンク>


 

ここに来たら、何よりも参拝を。
参拝の仕方は、、まずはお供えのお花を買ってください。買うというより、タンブン(寄付)ですすので、20バーツくらいでいいと思います。それで、ろうそくとお経が書いてある紙を持ちます。ぞろそろと皆山が歩いているので、その列に入り、時計回りに3周しました。そして、最後に、ロウソクに火をつけて、お花を添えて、お祈りします。この時、願いことをするのですが、私は家族の健康を祈りました。タイ人の方々は本当に真剣にお祈りしていました。

ここはかなり格式の高いお寺なので、かなりきちんとした服装の決まりがありますので、上着とか、サロンを持ってお出かけすることをお勧めします。特に参拝をするときにはなるべく露出している部分は隠すようにすることをおすすめします。

ドイステープ入場料は30バーツ、ケーブルカーは20バーツでした。それと、ドイステープ山からは、チェンマイの街が全部見渡せます。こじんまりとした空港は右方眼下に、そして、ピン側の蛇行もよく見えました。本当にコンパクトサイズの街なんだと改めて思いました。

 

<スポンサーリンク>



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

投稿者: longstay0824

サワディーカー  常夏の国チェンマイから、みたまま感じたままのことを 備忘録として書いています。 タイに旅行される方、ロングスティや海外移住を 検討している方々の 情報集めなどのお役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください