チェンマイでデンタルクリニックに行ってみた

あまり歯科医院の情報がなかったのでさて困った、、

突然に、ブリッジにしていた歯がグラグラと、、、。ああ、困った!病気はやむをえないけど、なるべく、こちらでは歯医者にかかりたくないので、年2回の帰国時には必ず、歯医者に行って点検してもらってたのに、なんでえ、、、やっぱり、加齢には勝てないなあと落ち込んだりしていても、なんとかしないといけない。

すぐ日本に帰って治療するか、応急処置してもらって、春の帰国まで待つか、迷ったけど、やっぱり不安になり、ともかく、どんな歯医者があるのかリサーチしてみたが、あまり参考になるサイトやブログがない。

まずは、イギリス人の友人が以前行っていたというクリニックをたずねてみたが(英語のみ)予約がいっぱいで診療はずっと先という。他、日本語が話せる歯医者さんがあ流らしいがどうしようか迷ったけど、それなら、チェンマイ ラム病院でも通訳がいるし私立のデンタルクリニックだし、歯医者さんのレベルも良いだろうと思い、まずは行ってみることにした。http://www.chiangmairam.com

それまでにも付き添いで外科に、私自身も皮膚科にいったことがあったし、通訳の方がいることもわかっていたのでまずは電話で予約した。そんなこんなで、デンタルクリニックは初めてだったけど、私なりに理解したことをいくつかメモしてみます。

<スポンサーリンク>



1、治療する専門分野で、担当のDr.が違うらしく、私は虫歯の治療の先生ではなく、どちらかというとブリッジや義歯の専門の先生。日本と違って、専門分野に分れている。

2、たとえ、英語ができても、日本語ができるクリニックの方が専門的なことも突っ込んで聞けるのでその方がいい。ラム病院ではかなり日本人の患者が多いので、早目に予約する方がいいとおもいます。

3、治療費は各歯科医院によって違うらしいが、安ければ良いというものではないので信頼できる先生がいるという上では私立の大きなクリニックが安心。

4、街には英語が話せる外人もきているデンタルクリニックがあったので飛び込んで聞いてみたが、かなり混んでいて、予約は取れなかった。治療費はかなり安いと聞くので、虫歯治療やクリーニング程度だったら、いいかもしれないが、言葉の問題があるので、安心のためには日本語が話せるところがおすすめ。

4、自払なので海外療養費の証明書を出してくれるところがいい。日本に帰ってから、請求するためにも必ず、出せるか聞いてみること。タイ人が行くクリニックでは証明書がでないところもあるらしい。

<スポンサーリンク>



海外療養費制度で自払した分を請求

2001年から始まった海外療養費の請求についてはご存知だとおもいます。タイへリタイアメントビザで住んでいる方で日本と行ったり来たりしている方々は日本の国保はそのままにしておられる方や、年に2回帰られるときに、住民票を入れたりとったりしたりして、滞在中だけ国保を利用して治療を受けられる方もおられます。

日本国内で保険診療として認められている医療行為に限り、請求ができるのです。支給金額は、日本の医療機関で同じ傷病を治療した場合にかかる治療費を基準に計算した額から、自己負担相当額(患者負担金)を差し引いた金額が支給されます。医療費は国ごとに異なるので、海外の病院で発行された診療明細書と領収明細書に基づき、日本で治療する場合に置き換えて、治療費を出してくれるのですが実際に、支払った医療費の7割、8割が帰ってくるのかは、その国々の医療費用によるらしいです。

今までに2度ほど、連れ合いの外科診療で代理で、区役所で申請しましたが、それほど、難しいことではなかったです。この時もチェンマイ ラム病院でしたが、健保サイトからの「診療内容明細書」をダウンロードする必要もなく、ハイ、KOKUHO ですねと手際よく、今回必要な、歯科診療内容明細書をいただきました。ただし、1回ごとでなく1ヶ月の最後の診療が終わってから、出してくれることになっているようです。

<スポンサーリンク>



で、今回の歯科の場合は、歯科診療内容明細書が違っていただけです。

1、海外療養支給申請書 

2、領収明細書

3、歯科診療内容明細書 (翻訳部分は、自分で翻訳してもいい)

4、現地で支払った領収書の原本

まだ、治療は後1回ありますが、日本に帰ったら、再検査してもらうため、歯医者に行く予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

投稿者: longstay0824

サワディーカー  you only live once 人生は一度きり! 常夏の国、チェンマイでみたまま、感じたままのことがらを 備忘録としてこのブログをはじめました。 これから、タイに旅行されたい方、ロングスティや海外移住を 考えておられる方の情報集めのお役に立てば、とても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です