ペナンでChew Jetteyを見学してきた

ロングスティ先として結局、外れましたが、2012年から4年ほどロングスティしたKL,ペナンでの滞在記。

<スポンサーリンク>



水上家屋にいまも住み続ける華僑の方たち

昔、華僑としてわたってきた人達が海の上に橋を作り、現在も同一族が集まって暮らしているそんな周一族の水上家屋 Chew Jetteyに行ってきました。
ここもユネスコ世界遺産になっています。他にはLim一族Lee一族とか6つほどの集落があり同姓の一族ごとに集落を作って暮らしているのだそうです。

入り口から海に向かってずっと長い桟橋が続いて、なんとその両側に奥行きのある家々が建っています。住居だけでなく雑貨屋さんや床屋さん色んなお店もあり、民宿やこんなホームスティもありました。




ツーリスト達が多くいきかうのに、全く気にしないで家の入り口辺で昼寝しているお年寄りたちを多くみかけたりして、何かとてもローカルでのんびりした光景でした。突端には、神様が祀ってあり、またもや大きなお線香が立てられ、もうもうと煙が、、また、目の前にパタンワース行きのフェリーの乗り場もあります。

東洋屈指のペナンブリッジが見えます。20分ほど、1,20RM(35円)往路のみ復路無料でわたれるそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

投稿者: longstay0824

サワディーカー  常夏の国チェンマイから、みたまま感じたままのことを 備忘録として書いています。 タイに旅行される方、ロングスティや海外移住を 検討している方々の 情報集めなどのお役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください