100年の建物が並ぶジャルンラート通りは一軒の価値あり!

レトロなお店が並んでいるCharoenrat Roadに行ってみよう。

この通りは築100年以上の建物が数件も並んでいて、レトロな雰囲気が漂っています。 その昔、ピン川に面していたため、船が交通手段だった時に、バンコクとチェンマイを結ぶ重要な場所であり、多くの商人が出入りした国際色豊かな地域だったようです。

そのため、贅沢なチーク材が多く使われているためか、古くなっていながらも、建物は現在でも使用されているのですから、なかなかのものです。

<スポンサーリンク>



 

この由緒ある建築物を保存するために、保存運動している方もいるとかも聞きました。どこの国でも歴史あるものは、風情があるし、その国の文化ですから、ぜひとも、末長く残していってほしいと思います。

大人の雰囲気がただようジャランラート通りの素敵なお店

商業地域だったため、近くには、多くの中華系の人たちが住んでいた閑静な住宅街もあり、緑も多いし、チェンマイの青山と呼ばれるニマンヘーミンよりも、私自身はこのエリアの方が落ち着くので、気にいっています。ピン川に面していることもあり、そのロケーションを生かした、レストランやブテックホテル、ブランドショップも。そしてナイトクラブもあり夜などは結構、多くの人で賑わっています。

川を眺めながら食事できるレストランとギャラリーが一緒になったザ、ギャラリー、お茶専門のヴィアン ジュム オンティーハウス、ギャラリーやイベントなどのMeeting Room Art Cafe,シルクの店、Villa Cini ヴィラチニ、自然染のの織物の店のnussara ヌサラー 、カレン族の織物や籠製品などの工芸品のSop moe  arts  アンテックや家具のショップとカフェのTanita house タニタハウス、おしゃれな人たちが集まるWoo Cafeなど、ぜひ、足を運んでみてください。いずれ、また、細かにご紹介します。

スリパカードでのランチやティータイムはいかが

それと、もう少し、ピン川に沿って、ジャルンラート通りとナラワット橋を南に行くと、築120年の歴史的建築物スリパカードSriprakard というのですがその建物も保存のため、その協力をしているお店がAeeen、素敵な日本人のご夫婦が運営されています。売り上げの一部は、この歴史的建築物の保存のために、寄付されておられるようです。カフェのランチメニューは手作り豆腐や発酵調味料がメインのもので、とてもヘルシーです。また、販売もされていますので、タイ料理に飽きたら、ぜひこのお店に行かれてみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

「関連記事(広告含む)」


投稿者: longstay0824

サワディーカー  常夏の国チェンマイから、みたまま感じたままのことを 備忘録として書いています。 タイに旅行される方、ロングスティや海外移住を 検討している方々の 情報集めなどのお役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください