チェンマイの恒例サンデーマーケット

サンデーマーケットはまるでお祭りのような賑わい

チェンマイでは毎週日曜日の夕方から夜は11じごろまで、旧市街のターペー門からワットプラシンへ続く道を中心に、その左右のいくつかの道に、工芸品や雑貨、衣料品、アクセサリーなどの屋台が大規模に並ぶのですが、現在はチェンマイでの観光の目玉になっています。

一方、毎週、土曜日にある、ウアライ通りで開催されるサタデーマーケットはタイ人の方が多く来ていて、ローカル色が強く、ユニークなものや掘り出し物があるよと聞いたので、数回行ったことはありますが、どうなんでしょうか。私にはさほど変わりがないような気がしました。観光客もかなり多いし、同じような工芸品や雑貨、アクセサリーなどが売られているので変わりないような気がします。

<スポンサーリンク>



どうせ行かれるのであれば、そして日曜日にチェンマイに滞在されているのなら、圧倒的にサンデーマーケットの方が規模が大きいので、もっと雑然とした市の雰囲気が味わえると思います。

なんでもありのエキサイティングなアジアらしさ

街に点在する数々のショップが出店していたり、ハンドメイドの衣類やスカーフ、陶器や絵画、工芸品などのアーティストさんたちの品々、クラフト作家さんの1点もの、手作り雑貨などなど何でもありのお店が延々と並んでいて、いわゆる雑多な雰囲気が好きな人、お祭りが好きな人にはもってこいのとてもエキサイティングなマーケットです。

そして案外、お値段は安めなのと、交渉次第ではかなりディスカウントもしてくれるので、雑貨や衣類の仕入れにと各国からバイヤーが買い付けに来ているようです。お土産もここでは選び放題であちこち行かなくてもここで十分探すことができるし、数を買えば値引き交渉に応じてくれるし、お気に入りの一品を見つけることができれば楽しみも倍増ですね。

そして、お寺の境内では食べ物屋の屋台がたくさんでています。そんなエリアは数多くあるし、道の両脇にはタイならではの一品料理、スナック、アイスクリーム、ジュースなどの飲み物なども売っているので、何品か食べながら、飲みながらの買い物もなかなか子供時代に戻って楽しいものです。

それと、必ず、見かけるのが演奏をしているストリートミュージシャン達、違法かどうかわからないけど。とても歌唱力のある子供らがタイ語で歌っています。また、毎回、民族楽器を持って座り込んで演奏している視覚障害者の方たちも多く見かけますのが、タイの民族音楽を聞くとてもいい機会ですので、ぜひ足を止めてください。必ず、お礼にチップは忘れないように、、


<スポンサーリンク>



こんな感じですが、毎回行っても、ええっ〜チェンマイにはこんなに観光客がいるのと驚きます。8時くらいのピーク時は歩くこともできないくらいになります。そして、私などはターペー門を入ってから、1時間ほどもすると、あまりの人ごみに疲れてしまい、諦めて帰ります。人に酔うという言葉がぴったり当てはまるくらいです。

工芸品、衣料や雑貨や絵画、食べ物屋、すべてを見て回るにはかなりの体力がいるので、お目当ての興味のある品物が置いてあるお店を探して物色するのが一番良さそうです。

よく探してみると、結構、デザイン性の高いものがあったりします。特に、モン族などの少数民族の手作り雑貨などは、皆さん、手が器用なのか、中にはこれでこの値段と驚くものがありますし、時間をかければ、掘り出し物も見つけられます。

もし人ごみが苦手な方は、17時ごろからお店が出始めるので、それくらいから早めの時間がオススメです。明るいうちはそれほどの人混みではないので、まだマシです。夜は11時ごろは、少しづつ店じまいをしているところもぼちぼちとあります。残念ながらシニア女子の私はせいぜい1時間で疲れ果て、早く家に帰りたくなりますので、しまいかけの頃にはすでにベットの中です。

<スポンサーリンク>




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ