一時帰国した時に必要なWIFiルーターについて

一時帰国時のwifiルーターをレンタル 日本はまだまだ、空港、ホテル、駅以外 wifiのつながる場所が少なくてとても不便、先進国なのに遅れてるなと思ってしまいます。 チェンマイではどこのお店やカフェに入ってもwifiのパスワードが書かれてあり、ゆっくりとコーヒーを飲みながらインターネツトができて、海外からのお客様にも優しいですよね。 そして、私の場合、地方の実家などには(老親がホーム)wifなど繋がっているはずがなく、以前は、UQに契約していて、ルーターを持ってきて使用。そのUQも毎月の契約料金も5千円近くになり、勿体無いので契約は2年で辞めました。

<スポンサーリンク>

その上、天候の悪い日などは、あまり通信状態が良くなかったりしたので、今回、レンタルするに当たり、一番、気になっていたのはちゃんとつながるかどうかとか利用可能エリアのことでした。それで、一時帰国で使えるwifiルーターの会社は色々あるのだけど、

今回、WIFI-HIRE.COMを選んだその訳は

レンタルするルーターは、Softbank Pokes Wi-fi 303ZT という機種、そして、ソフトバンクのサービスエリアマップを見て、通信可能かどうかを調べてみたら、エリアの中に入っていたのです。実際に使ってみても、問題なく通信できたので、大変、満足。持ち運びしているときも、電車の中でも通信は良かったです。 配達希望日の午前中には届きました。設定も簡単で、今回持ってきた、Iphone, Ipadにパスワードを入れるだけで接続できました。無制限で利用とありましたが、何も問題なし。 返却は、ギリギリまで使用できる空港での返却が便利だと思い、今回はそうしました。

利用手順もごく簡単

1、まずは、申し込みは wif-hire.com のHPから会員登録し、そして、レンタルしたいWifiルーターと期間を選択して、お届け先情報を記入。。 2、受け取りは、今回は申し込んだ日の翌々日に宅配してもらったが、だいたい、使用したい日の2日前には申し込みするようです。HPにお申し込み期限がのっているので必ず要チェックのこと。空港での受け取りができる期日に○かXかが記載してあります。 3、返却は、ギリギリまで使用できる空港での返却と宅配便による返却と選べる 4、支払いはクレジットカードで申込みし。利用開始月の翌月に精算とのことです。

HPにはレンタル料金がのっていますが参考まで pastedGraphic.png Softbank Pocket Wi-Fi 303ZT 4GLTE対応の高速通信でどんな用途にも安心!対応エリアも充実のハイスペック端末です! レンタル料金は全てパッケージプランとなります。ご希望の利用日数に応じたプランをお選び下さい

レンタル日数 レンタル料金
1~3日間 2,680円
4日間 3,480円
5日間 4,180円
6日間 4,880円
7日間 5,580円
8日間 6,280円
レンタル日数 レンタル料金
9日間 6,980円
10日間 7,680円
11日間 8,280円
12日間 8,880円
13日間 9,380円
14日間 9,780円
レンタル日数 レンタル料金
15日間 10,380円
16~20日間 11,800円
21~25日間 12,800円
26~30日間 13,500円
31~45日間 18,500円

※上記料金は全て税込価格での表示となります。 宅配手数料/受渡し手数料について レンタル機器の受取/返却の方法は、宅配便または空港カウンター、新宿カウンターのいずれかとなります。 その場合、受取・返却につきましてはそれぞれ540円(税込)の手数料が必要となります。

受取/返却方法 手数料
宅配便 受取 540円
返却 540円
空港カウンター 受取 540円
返却 540円
新宿カウンター 受取 540円
返却 540円

<スポンサーリンク>

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ