タイのオーガニック石鹸おすすめ2選

マンゴスチン石鹸でアンチエージング

南国タイでは、1年を通して色々なフルーツが出回っていて、そんなフルーツを使ったフェイスケア製品がいたるところの店頭に並んでいます。さすが、トロピカルフルーツ天国ですね。

時々、いろいろなマーケットでもオーガニックナチュラルとして手作り石鹸がたくさん売られています。今にも食べたくなるようなナチュラルな出来上がりで一つ一つ見ていても楽しくなります。

これらのフルーツが原料の石鹸は、フルーツ酸がピーリングにそして美白効果もあるようです。そんな中でも、特にタイの女性がよく使っているという評判のフルーツ石鹸は、マンゴスチンタマリンドーのようです。というわけでもないのですが、私もこれらの石鹸を使い始めてみることにしました。

タイでは、マンゴスチンの果皮は皮膚疾患、感染症などに効くらしく民間薬で昔から使われたとか、もちろん、医学的にも、殺菌、抗酸化、抗ウィルスにも効果が認められているそうです。

マンゴスチンの紫色の外側の皮に抗酸化成分が豊富に入っていて、アンチエージングによく、また、AHA成分によって、ピーリング効果、角質除去効果、美白効果があるとかでお肌のくすみやが気になっている私にはうってつけの石鹸です。

<スポンサーリンク>



そのほか、ニキビ、肌荒れ、しみ、しわ、お肌の老化にも効くオールマイティのマンゴスチンやタマリンドーの石鹸は手軽に買えるので、試し買いが色々でできるのが嬉しいですよね。

それで、落ち着いたのがマイトンアバイブーベマンゴスチンの石鹸です。

マイトーン MAiTHONG

創業30年以上とかで、天然ハーブから石鹸やボディスクラブを出しているスキンケアブランドです。かなり歴史のある会社なので、品質的には信用できて安心かと思います。

色は薄い紫色ががった茶色、粒状のスクラブが入っているので、きっと角質が取れているのではと期待が膨らんでしまいます。やや柔らかめですので、ボデイも顔も使用すれば、半月くらいでなくなります。使用感はややしっとり、香りはマイルドで気にいってます。

小さめの箱ですが、パッケージがおしゃれ感があります。中身の石鹸には薄紙が貼られていて、高級感があるので、お土産にすると喜ばれます。

<スポンサーリンク>




その上、55バーツという安さ、セブンイレブンにもおいてあるので、それは少し驚きましたがそれほど、知名度があるということなのでしょう。

アバイブーベ abhaibhubeih

世界ふしぎ発見でも紹介された、タイ王室ゆかりのアバイブーベ病院で製造された石鹸です。有機農法で作られたオーガニックハーブが原料なので安心ですよね。

タイでは、マンゴスチンなどは精油でなくてそのままの原料を使用するそうです。ビタミンB,Cがたくさん含まれていて、マンゴスチンの効果で皮膚のくすみや美白効果があるとされています。

日本でも販売されているけれど、500円ほどしたりして、とても高いですが、アバイブーベのこの石鹸はなんと30バーツですので、100円です。ハーン(HARNN)などの高級スパ石鹸よりも普段使いで、思い切り使えるのが嬉しいですよね。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ