タイでの暑い日のおすすめスウィーツ2選

 

 

タイに来たらルアムミットをまず食べてみよう

ルアムミットとはタイのみつ豆みたいなもの。タピオカ、タロイモ、ココナツ、マンゴー、お餅、豆などが入った、ココナツミルクと砂糖のシロップの蜜をかけたものに砕いた氷がかかってる。冷たくて、ほんのり甘くて、暑い夏にはうってつけのスウィーツ! これを初めて食べたのは、ワロロット市場に隣接するトムラムヤイ市場の入り口を入ってすぐの左にあるカウンター式のお店です。お世辞にも綺麗なお店とは言えないので、何度かは通り過ぎて中に入ってしまいました。

それでも、たまにブラブラと行ってみても、タイ人の女の方や女子高生が座って何かを食べているので、後ろから、覗き込んでみました。ともかく、私も一度試してみようと思い、カウンターに座って横に座っていた方が食べているものを指して、オーダーしました。

どうするかみていると、大きなボールに全て混ぜ込んであるものを、小さなプラスチックのお椀にお玉ですくって入れて、砕いた氷を入れて出してくれました。一口、食べるととても、ココナツシロップがそんなに甘くもなく、中に色んなものが入っていて、美味しいのです。

<スポンサーリンク>




 

たまに、白人の家族連れや中国人の観光客の方達が、このルアムミットを食べていたりするので、けっこう、口コミで、ワロロット市場に行ったら立ち寄る場所として、有名になっているのかもしれませんね。

それと、このルアムミットがかけてあるココナツアイスクリームもとても美味しいです。嬉しいことに、ルアムミットは15バーツ、このアイスクリームは25バーツだったかな。ともかく小銭が溜まってきたら、一度、お試しあれ。

 

体にもいいチャオクワイ(仙草ゼリー)

こちらも、タイではムーガタ(焼肉食べ放題)や レストランなどのデザートコーナーでよくおいてあります。最初、甘いのか辛いのか何かわからないまま、おずおずと試してみましたが、一口食べて、何か薬草ぽくて、もう一つかなと思ったのですが、、、それからは、あまり気にも留めなかったのです。

<スポンサーリンク>




それで、最近、下記の看板を見かけたので(なぜかゼリーみたいな食感のものが食べたいこともあって)またまた、試してみました。ここの愛想のいいおばさんが、くだいた氷の中に袋に入った黒い液体とチャオクワイを入れてくれました。15バーツなので、嫌なら捨ててもいいかなと思ったのですが、案外、あまり薬草ぽく感じなかったし、普通にゼリーのようで美味しかったのです。

これが暑い午後の喉の渇きを癒してくれるのです。こちらの黒い液体は薄い黒砂糖のシロップのような感じがしました。また、違う屋台で、もう少し大きめのチャオクワイにミルクと氷を入れたものも売っていたので食べてみましたが、どちらかというと、薬草がキツイ感じがしました。

この黒いゼリーの正体は、仙草というシソ科の植物を乾燥させて重曹をくわえながら煮詰めていくとこの黒いゼリーができるそうです。

やはり、薬草の効果があって、暑気あたり、喉の渇き、熱毒、疲労、風邪、胃腸など、まだまだ、糖尿病、高血圧、関節炎、筋肉痛、漢方薬としての効果があるそうです。

もともと、中国や台湾でこの仙草は薬効のある食材として昔から使われて来たようですので、きっとバンコクあたりは中国系のタイ人の方が多いので、とう昔に移ってきた方などが、タイに持ち込んだものではないでしょうか。

食べても、体にいいスウィーツなんて、私としては嬉しいです。薬草ぽくて、好き嫌いがあるかもしれませんが、慣れてくるとこれが結構ハマります。 。売り場はまちまちで、置く場所がお菓子売り場とは限らないようですが、リンピンやBig Cなどのスーパーにも売られているようです。

タイ旅行に来られるかたも、ぜひ一度、試してみてください。

<スポンサーリンク>




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ