意外と誰も言わないタイのトイレ事情!

日本のトイレは最先端だと再確認

日本のトイレは世界に誇れると言っても言い過ぎではないですよね。 どこでもトイレの個室にはウォッシュレットトイレ、そして、あったかい温水洗浄と便座、ビデ、ブロー、音姫がついている。たまに、自動でフタが自然に開き、ハイテクすぎて、流すのにどこ押せばとしばし、迷うこともあります。それから、赤ちゃん用イスも個室についていて、お母さんは大助かりですし、手荷物用の置き台もありますから、女性は大助かり。キッズ用のトイレも男の子用の可愛い便器も見かけます。そして、どんな場所でも、とてもきれいに清掃してあり、それが無料で使用できる。TOTOさんが頑張ったおかげで、日本のトイレ文化は今や世界1です。 そんな来日外国人も絶賛する日本の超ハイテクなトイレを使い慣れた私達、日本人が、タイや東南アジア諸国にきて、戸惑うのがトイレの違い。     先日も、ロングスティにいらした日本人女性のお宅(コンド)に伺って、紙を流していると言われるし、ノズルの使い方を全く、ご存知なかったようで、やり方を説明しましたら、驚いておられました。

決して、紙は流してはいけません。

新しいコンドミニアムや高級ホテルは別として、ほとんどのところでは、紙は流してはいけません。デパートやショッピングモール、空港、レストランでも同様です。だいたい、トイレには、くず入れというかごみ箱がおいてあります。理由はわからないけど、排水管の問題ではないかと思う。

手動式のウオッシュレットになれること 使い方は、なれるまで少し時間がかかるかもしれませんが、慣れればそんなもんです。女性は前からのほうがベターかもです。たまに後ろからかけていると言う人もいます。家では水圧は自分で調整してできますが、外では、たまに勢い余ってか、びしょびしょになっている場合があります。 そして、わたしは一度もやったことはないのですが、タイではホースで水を出しながら手でお尻を洗雨のが本来のやり方らしいのですが、それは、ちょっとできないなあという感じです。

公衆トイレは有料です

観光地など、たまにどうしようもない時、公衆トイレを使いますが、そんなときは、入場料を受けつけで支払います。最近はあまり使わないので幾らかは知りませんが、5バーツくらいだと思いますので、細かい小銭を用意しておいてください。テッシュペーパーも持参するほうがいいですよ。

ローカルエリアのお便所のこと

何回か田舎に行って、体験しているのですが、レストランランなどの御便所に入る時は、便器に靴を乗せて座るのですが、まずは向きが日本とは逆なので気をつけてくださいね。。私は、しらずに何回も逆に座っていました。まずはドアに向かって用足すのです。その後、水を流すときは、備え付けのオケでため水をくんで流さないといけないのです。それを避けたい方は、必ず外出する前に、用足しをしてくださいね。 余談 私は日本に戻ると、えっ、紙流してよかったっけと思いますし、こちらのコンドに戻ってトイレに入れば、1回目は必ず、自然に紙を流してしまいます。習慣というのは怖いです。

<スポンサーリンク>



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ