LGBT先進国と言われるタイとこれからの日本。

タイ人の国民性が自由さを生み出している!?

チェンマイで暮らしていると、トムボーイやレディーボーイ、ゲイカップルなどの方を本当によく見かけます。カフェやレストラン、コンビニに行ってもトムボーイらしき人がかなり働いておられますし、ドラッグストアやモールの化粧品売り場での販売員はレディボーイの方が対応してくれるのですが、、、すると、見た目ではわからなくても声を聞くとすぐわかるんですね。

こちらに来た当初は税関でも郵便局でもの窓口で、トムボーイらしき人が対応してくれるので、ええっ〜 公務員でもといささか驚きましたが、今となってはごくごく当たり前の風景として、なんとも思いません。

ちなみに(ご存じない方もおられるので)「トムボーイ」という言い方は男装をした女性。「レディボーイ」は女装をした男性です。夜にナイトバザール辺に行くと、女性と見分けがつかないくらい綺麗に化粧をして着飾った方たちが立ってにこやかに声をかけてくれます。タイのカオスな夜を華やかに演出してくれてます!?

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、それぞれの英語の頭文字からとったセクシャルマイノリティの総称ですが、最近はすでに認知度がある言葉として、私自身も使っています。

タイ王国は、世界においてLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー) に対して比較的寛容な国の一つと言われていますが、そのことは間違いないと私も思います。

そうなんです〜LGBTに寛容な理由については、タイの社会が柔軟性を持っていることが一番の要因だと言われていますが、マイペンライの国民性もあり、概してあまり周りの人の目は気にしないようです。ですから、LGBTの方々も、自由そうに、正々堂々と暮らしておられるように感じます。

<スポンサーリンク>



そしてビジネスで成功しているLGBTの人もタイでは多いことも信頼度をあげている要因らしいと聞きました。また、性転換手術を行う世界的に有名な大病院もバンコクにあることも、それも寛容さの一つの表れともいえるのではないでしょうか。

日本の「パートナーシップ制度」「同性婚」などはこれから!?

最近は、NHKのEテレでも、同性カップルやパートナーシップ制度について番組が組まれたりと、しきりに日本の社会もLGBTの方々への理解を深めようと啓蒙しているように感じました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、LGBTや民族差別をなくすための条例が次々に成立したり、日本も先進国として差別のない平等な国、多様性のある社会を目指して、変革の風が少しづつ吹いているようですが、実際のところはこれからという感じでしょうか。

昨年は、勝間和代さん、ロバートキャンベルさんら著名人らが、LGBTをカミングアウトして、マスコミを賑わしていましたが、まだまだ偏見の多い日本社会でのカミングアウトは大変、勇気のいることではなかったかと想像がつきます。

現状では、同性カップルの権利を後押しする「パートナーシップ制度」についてはすでに11の自治体が施行されており、今年は9つの自治体が施行予定だそうです。

東京では渋谷区が「パートナーシップ証明」を、世田谷区では差別禁止条例が施行され、千葉市はLGBTなど性的少数者や事実婚のカップルを夫婦と同じような関係の「パートナーシップ宣誓制度」の公認、証明書の交付式を市役所で開いたとかでどんどん広がりが出てきています。

すでに世界24カ国で認められてきた同性婚も、日本には制度がまだなく、国レベルでの同性カップルの法的保護の制度が何もないのは、G7では日本だけだそうです。

<スポンサーリンク>



同性婚を認めないのは、憲法が保障する「婚姻の自由」や「法の下の平等」に反するとして、全国各地の同性カップル13組が2月14日、国を相手取り、損賠賠償を求めて一斉提訴しましたが、「同性同士が結婚できないのは、憲法に違反している」として全国初の訴訟を起こしたりと、これからも続々と声を上げていく方が出てくるような気配ですね。

「セクシュアルマイノリティ」に限らず、人の尊厳が踏みにじられたとき、基本的に黙っていてはいけないし、自分らしさが守られる社会でないといけないと常日頃思っているので、ぜひ応援していきたいと思っています。

世界では同性婚合法化が次々に誕生してます!

オランダ、ベルギー、スペイン、カナダ、南アフリカ共和国を含む24カ国では、国全土で同性婚を合法化してます。異性婚と同等、それに近い権利、または部分的な権利を与えるということが認められているのですから、いざという時にも安心して生きられますよね。また、オーストリア、台湾も近々、同性婚が認められることになっているようです。

その他、イスラエルをはじめフィンランド、オーストリア、ドイツ、スイスなど20か国以上が登録パートナーシップを持っています。

しかし一方では、LGBTに対し圧力を強める国もあり、 ロシアでは、2013年6月に同性愛宣伝禁止法が成立しています。 このことが理由で、アメリカ・フランスなどの首相がソチオリンピックの開会式をボイコットしました。 また、アフリカ地域における圧力は顕著で、54か国中38か国で同性愛行為が禁止されています。

そんな世界のLGBT事情ですが、タイは比較的、LGBTの方たちにとって過ごし易い環境ではないのかというのが筆者の印象です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ



「関連記事(広告含む)」